【美白ACT】美白になるための方法をすべて集めました

美白ACT

美白になるためのOKな食事NGな食事

美白の為の豆知識

徹底的な美白を目指すための食べ物とNGな食べ物を理解しよう

更新日:

日焼け止めクリームなどで毎日ちゃんと紫外線対策をしているつもりなのに、シミや黒ずみっていつの間にか増えていませんか?

年々増え続けるシミや黒ずみを消すには、残念ながら日々のスキンケアだけでは不十分です。
スキンケアは肌の表面からのアプローチに過ぎないので、体の中からも同時に働きかける必要があります。

そのためには、毎日の食生活が非常に重要です。ここでは、美しく輝く美白肌を作るためにどんな食生活を送るべきなのかをお伝えします。

美白肌を手に入れるために積極的に摂りたい食べものとは?

美白に効果的な食べものを効率よく摂取する方法や、肌に悪い影響を与えてしまうNG食品なども詳しくご紹介しますので、ぜひ今日から早速実践してみましょう。

赤ピーマン・黄色ピーマン・パセリなどの野菜やゆず・レモン・キウイなどの果物

ビタミンCを含んだ果物や野菜

これらの野菜や果物に共通している栄養素は、ビタミンCです。美白に効く栄養素と言えば、やっぱりビタミンCですよね。

ビタミンCには、肌に沈着した色素を薄くする働きや、メラニンの生成を抑制して紫外線を浴びても肌を白く保つ効果があります。

他にもビタミンCは、肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの生成を助ける働きや、活性酸素を除去して肌の老化を防ぐなどさまざまな効果があります。

ビタミンCは体内に蓄積されないので、美白を目指す方は多めに摂取しましょう。

筋子・いくらなどの魚卵やアーモンドなどのナッツ類

優れた抗酸化作用

これらの食材には若返り効果が高いビタミンEが多く含まれています。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素を除去してシミやシワなどの肌の老化を防ぐ効果があります。

肌の血行を良くして新陳代謝を高める作用もあるので、肌のターンオーバーがスムーズになり、シミや黒ずみを薄くし日焼けした肌を白くする効果が期待できるんです。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると、お互いに高めあって効果がさらにパワーアップします。

こんにゃく・ヨーグルトなど

ヨーグルト

これらには、セラミドが多く含まれています。セラミドはもともと肌にある保湿成分で、角質の細胞と細胞をつないで皮膚に水分を溜め込む働きをします。

セラミド自体には美白効果はありませんが、セラミドがないと肌のバリア機能が低下してさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうので、なくてはならない成分です。

最近ではアンチエイジングやダイエットの効果が期待できるチアシードなど一緒に入れて食べている女性も多いのでおすすめできます。

レバー・ほうれん草など

ほうれん草やレバー

これらの食材に共通する栄養素は鉄分です。鉄分は酸素を全身に運ぶヘモグロビンを増やす働きがあるため、不足すると酸欠状態になって顔色が悪くなり、肌のくすみや目の下のクマなどにつながります。

緑黄色野菜や果物

緑黄色野菜や果物

色の鮮やかな野菜や果物には、フィトケミカルという栄養素が含まれています。フィトケミカルはファイトケミカルとも呼ばれますが、抗酸化物質の総称です。

例えば、トマトに含まれるリコピンや、ブルーベリーに含まれるアントシアニン、ほうれん草に含まれるクロロフィルなどは、全てフィトケミカルなんです。

フィトケミカルは、野菜や果物が紫外線や外敵から自らの身を守るために作られた栄養素で、人間が摂取しても体内の活性酸素を除去してシミなどの肌の老化を防ぐ効果が期待できます。

はとむぎ茶

はと麦茶

はとむぎは、お茶だけでなく漢方薬として活用されるなど、高い健康効果があります。ビタミンB群やたんぱく質などを含んでいて、皮膚の新陳代謝を高める作用があるため、美白や美肌効果が期待できます。

はちみつ

はちみつ

はちみつには、ビタミンB群やビタミンC、鉄分、Lシステインなど美白に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

このほかにもビタミンやミネラル、酵素などがたくさん入っていて、肌細胞の生まれ変わりをサポートしてくれます。

はちみつは食べるだけでなく、直接顔に塗っても美肌効果を得ることができます。

コレなら簡単!誰でも作れる美白レシピ

ここで、美白に効果的な食材をたっぷり使った特別レシピをいくつかご紹介しましょう。

材料さえ揃えれば、料理が苦手な方でも簡単に作ることができますので、ぜひ試してみてください。

美白スペシャルスムージー

材料 オレンジ・バナナ・リンゴ・豆乳・ゴーヤ少々
作り方 果物類は2~3センチくらいの大きさに切ってミキサーで混ぜるだけ

このレシピで得られる効果ゴーヤはビタミンCが豊富なので積極的に摂りたい食材ですが、たくさん入れすぎると苦くなるのでご注意ください。豆乳には女性ホルモンと似た働きのある大豆イソフラボンが含まれているため、ホルモンバランスを整えて美肌へ導きます。バナナやリンゴは食物繊維が豊富で、腸内環境を改善することで肌に良い効果をもたらします。スムージーは時間が経つと酸化してしまうため、作り置きせず必ず飲み切るようにしましょう。

美白フローズンヨーグルト

美白フローズンヨーグルト

材料 はちみつ・プレーンヨーグルト・ブルーベリー
作り方 プレーンヨーグルトにお好みの甘さになるくらいのはちみつと、ブルーベリーを適量入れて混ぜます。カップなど食べやすい容器に入れて、冷凍庫で凍らせれば完成です。

このレシピで得られる効果ヨーグルトにはセラミドのほか、乳酸菌が含まれていて腸内環境の改善に効果的です。ブルーベリーはフィトケミカルの一種であるアントシアニンが豊富で、抗酸化作用によって美白肌に導きます。はちみつの甘さがあるのでスウィーツ気分はしっかり味わえますが、市販のアイスクリームを食べるよりもはるかに栄養価は高いです。ブルーベリー以外にもバナナやイチゴなどお好みのフルーツを入れて楽しみましょう。

美白サラダ

美白サラダ

材料 サラダほうれん草・トマト・赤ピーマン・キウイ・グレープフルーツ・アーモンド・エクストラバージンオリーブオイル・バルサミコ酢・天然塩
作り方 野菜や果物を食べやすい大きさに切って盛りつけます。アーモンドを包丁などで小さめに刻んで、サラダの上に散らします。オリーブオイルとバルサミコ酢、天然塩を混ぜ合わせたドレッシングをかければ完成です。
このレシピで得られる効果使用している野菜や果物はビタミンやフィトケミカルなど美白に効果的な栄養素をたくさん含んでいるものばかりです。キウイやグレープフルーツは酸味が強くて苦手な方も多いと思いますが、ドレッシングの油分が加わると、酸味がまろやかになります。アーモンドのビタミンEと果物のビタミンCは一緒に摂ることで、美白効果がさらにアップします。

これを食べたら台無しに!?NG食品とは?

中には美白肌に悪影響を与える食品もあります。せっかく美白に効果的な食材を摂取してもNG食品を摂っていると、効果を打ち消してしまったりむしろシミや黒ずみを増やしてしまう可能性もあるため注意が必要です。

揚げ物・ファストフード

揚げ物・ファストフード

油分を多く含んだ食べものを食べ過ぎると、皮脂の分泌が過剰になり毛穴に詰まりやすくなります。毛穴に詰まった皮脂は、黒ずみやニキビを引き起こします。

ニキビができればニキビ跡が残り、肌の透明感が失われてしまう可能性もあります。またお店から買ってきた揚げ物は、調理から時間が経ち油が酸化している恐れがあります。

酸化した油を体内で活性酸素を発生させ、シミやシワなどの老化現象につながってしまうのでおすすめできません。

白米・うどん・食パン・甘いお菓子

白米・うどん・食パン・甘いお菓子

これらの食品には糖質が多く含まれています。糖質を摂り過ぎると、体内で老化物質に変化します。

老化物質は、肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンなどを破壊するため、肌のくすみやシミを増やしてしまうんです。

コーヒー・緑茶・ココアなど

コーヒー・緑茶・ココアなど

コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインには利尿作用があります。おしっこの量が増えてしまうため、水に溶ける性質があるビタミンCやビタミンB群などの栄養素も一緒に排出されてしまうんです。

1日一杯、少量のコーヒー程度なら良いですが、もしもコーヒーの飲み過ぎでトイレへ行く頻度が多い方は要注意です。

美白食材は食べ方やタイミングによって台無しになることも!

美白に良いと言われている食材も食べるタイミングによっては台無しになってしまうことがあります。それらの食材のタイミングをお知らせします。

柑橘系の果物は朝食べちゃダメ!

柑橘系の果物は朝食べちゃダメ!

オレンジやグレープフルーツなど柑橘系の果物には、ビタミンCがたくさん入っているので美白にとても有効です。

しかし朝食べると、かえってシミや黒ずみを濃くしてしまう可能性が高いんです。柑橘系の果物にはソラレンという成分が入っていて、紫外線を浴びると反応して吸収しようとする作用があるからです。

ソラレンはレモンやイチジクなどの果物のほか、キュウリやパセリ、セロリなどの野菜にも多く含まれています。

これらの食材は、朝から日中にかけての太陽が出ている時間帯には、なるべく摂取しないようにしましょう。

加熱しちゃダメ!

加熱しちゃダメ!

ビタミンCやビタミンB群は、加熱調理をすると栄養が損なわれてしまいます。

どのくらい減ってしまうかは調理方法によって異なり、特に茹でると栄養素が失われやすくなります。生で食べられる食材であれば、できるだけそのまま食べる方が美白に効果的です。

寝る直前に食べちゃダメ!

寝る直前に食べちゃダメ!

肌細胞の生まれ変わりは眠っている間に盛んに行われます。しかし、寝る直前に食事を摂ると食べ物を消化する方にエネルギーが使われるため、肌の生まれ変わりがおろそかになってしまいます。

また寝ている時には、成長ホルモンが多く分泌されますが、満腹状態だとうまく分泌されにくくなるんです。

夕食は満腹にならないよう腹八分目に抑えて、最低でも寝る2時間前に済ませるのがおすすめです。

美白肌を手に入れる食べ物まとめ

美白の為に食べたらだめなものは?

ここまでシミや黒ずみを減らす効果がある食材や、食べ方などについて詳しくご紹介しました。
最後に重要なポイントを簡単にまとめます。

  1. 美白に効果的な食材は、ビタミンC、ビタミンE、セラミド、鉄分、フィトケミカルなどの栄養素を豊富に含んでいるもの、はとむぎやはちみつも美白や美肌になれる栄養素がたっぷり入っているのでおすすめ
  2. 油分や糖質、カフェインの摂り過ぎは、肌の老化や摂取した栄養素を損なう可能性が高いのでNG
  3. 柑橘系の果物は朝食べると逆効果!加熱調理や寝る直前に食べるのもNG

これらのポイントを踏まえれば、食事面はバッチリです。ただし、睡眠不足やストレスなど肌に悪影響を与えるものがあると、美白食材を一生懸命摂っても意味がなくなってしまいます。

スキンケアと食事、生活習慣の3つをきちんと整えることが、美白肌を手に入れるための必須条件です。

-美白の為の豆知識
-, ,

Copyright© 美白ACT , 2018 AllRights Reserved.